東宝土地株式会社の業務御案内

現在あなたがいるのは: 業務内容

一般売買仲介業務「売り物件仲介業務の流れ」

用地買収及び、事業用不動産の斡旋

事業用不動産の売却は単純なものではなく、あらゆる周辺環境等を十分に考慮する必要があると考えます。物件単価が比較的高いため購入希望者を見つけることがまず第一の課題です。

同じ不動産でも時代の流れに応じてその使用用途も変化します。マンション用地にすべきか戸建て用地にすべきか、そのまま事業用として活用するのが良いのか。その用途に応じて価格も大きく変わります。

当社では、数多くの取引先への直接の持ち込みや金融機関、ディベロッパーとの太いパイプをフルに活用することによって、その土地に応じた最良の購入先をご紹介いたします。購入先ご紹介後、各種権利調整のきめ細かいサービスでも、当社の力を十分に発揮致します。

仲介業務の流れ<売り物件の場合>

東宝土地株式会社仲介業務の流れー売り物件の場合ー(フローチャート)